いぼの切除は専門の病院がおすすめ!レーザーやメスを用いると効果的

広がる前に除去しよう

男性医師

ウィルスを完全に排除する

シミやほくろなど、皮膚にできるコンプレックスには様々なものがありますが、その中でも「いぼ」はウィルスが原因でできる突起物です。ウィルスの種類によって細かく分類されていますが、主に「ヒト乳頭種」と呼ばれるウィルスが原因で出現します。ウィルスの感染力は低いですが、疲れていたり免疫力が落ちたりしているときは感染しやすく、一気に多発することもあるため注意が必要です。このように、多発したり大きくなったりしてしまったいぼは、美容整形外科などで一気に切除すると、他の箇所へ感染せず安心です。最も一般的なものは「尋常性」と呼ばれるもので、硬く膨らんで小さな粒のように見えるもので、手や足の裏によく見られます。特に、足の裏にできたものは硬くなり、押すと痛みを感じるため歩くのが辛いという人もいます。そのような場合は、日常生活にも支障が出るため、レーザーやメスで一気に切除し治療することがおすすめです。また、「扁平」と呼ばれる種類は顔にできやすく、引っ掻くことで周辺に感染し、多発しやすいという特徴があります。一見すると大きなシミやソバカスのように見えるため、広がって目立ってしまう前に病院を受診することが大切です。その他にも、性器や肛門付近にできやすい性病に分類されるものや子どもに多い「水いぼ」など、ウィルスとできる箇所によって細かく分類されます。また、加齢と共に増加する「老人性」のものは、免疫力の低下や紫外線などの刺激が原因でできると言われています。どのような種類であっても、大きさと場所によってはコンプレックスの原因となり、他へ感染する可能性があるため、早めに切除することがおすすめです。ほくろやシミとは異なり、「いぼ」の大半はウィルスが原因とされており、免疫力が落ちている時期に一気に広がりやすいという特徴があります。また、平面的に広がるものもありますが、多くは突起状となって膨らみを持ち、黒く目立ってしまうため、切除する際はレーザーやメスを用いると効果的と言われています。たまに「小さい頃に気になってカッターで切り落とした」という話も聞きますが、表面を少し取り除いても、再び大きな突起状となることがほとんどです。さらに、自分で切り落とすことでウィルスをばら撒き、他へ感染する可能性があったり、皮膚を傷つけたりすることもあるため、絶対に自分で切除してはいけません。いぼを完全に切除するためには、皮膚底の細胞にあるウイルスを根こそぎ焼いたり、そぎ落としたりすることが大切なので、必ず専門の病院で処置を受けてください。いぼの切除ではレーザーを用いることが一般的で、炭酸ガスやエルビウムヤグと呼ばれる装置を使って除去を行います。シミや色素沈着にも用いられる方法で、痛みが少なく、跡が綺麗になると美容外科業界ではよく使用されています。美容整形外科では保険が適応されず全額負担となる場合が多いですが、できた場所や症状によっては保険が適応される場合もあるためカウンセリングで確認してください。病院にもよりますが、初回にカウンセリング行って施術の予約をし、処置後は保護テープの取り換えを自分で行うだけでよいため通院期間が短くて済みます。いぼの大きさによっては、メスで切開して縫合する方法が取られますが、ほとんどで綺麗に縫合してもらえるため、傷跡が目立たず綺麗になるので安心です。

顔に触れる女性

顔や首にできたなら治療を

市販薬でいぼを消そうとするのはやめて、本当になくしたいのなら、クリニックでしっかりと切除してましょう。『きれいになりたい方用』の治療が用意されている美容皮膚科や美容外科などのクリニックに頼れば、跡が残らない方法で除去してもらえます。

詳しく見る

カウンセリング

美容クリニックの相場

いぼの切除の費用は、液体窒素や医療法ハサミで切除する、という方法は一般的なものです。その場合の費用は400円から500円です。レーザー治療は一個1000円から2000円程度です。また、切除後は患部を清潔にし乾燥、紫外線を防ぎましょう。

詳しく見る

看護師

病院の探し方

病院の選び方は、いぼの種類によって決めましょう。良性なら美容整形外科でも良いですし、感染性や悪性なら皮膚科や外科に依頼したいです。それからレーザーで切除するのか、液体窒素を使うのか、費用は支払えるのかを確認しておくと良いです。

詳しく見る

Copyright© 2018 いぼの切除は専門の病院がおすすめ!レーザーやメスを用いると効果的 All Rights Reserved.